親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

弁護士への相談について

もう迷わない!親身になってもらえる弁護士への相談!へようこそ。

相談しにくいような事態が起こったとき、身内や友人などだれにも相談できないようなことが起こったら、弁護士への相談を考えてみてください。

弁護士なら、親身になって的確なアドバイスや解決方法を提案して、解決に向かうことができます!

また、その解決に必要な法的手続きなども、行ってもらえます。

信頼できる法律事務所の弁護士を探す方法

人生の中で、そう何回も弁護士の人に依頼する機会はありません。

普段から法律事務所などに詳しい人なら、何処の法律事務所の弁護士の先生が有名という事が分かるかもしれませんが、一度も利用したことが無い人は全然わからないという人がほとんどです。一番安心できるのは、身近な人からの紹介かもしれません。

両親や親戚の人など、自分よりも人生経験が豊富な人からの紹介なら、素直に紹介された法律事務所の弁護士を頼って相談することができます。

紹介の方が、対応もよくしてもらえるので安心です。弁護士でも、得意な案件や不得意な案件があるので、自分の悩みを解決してくれる弁護士だと一番いいでしょう。

交通事故慰謝料の請求が進められる事例

突然の交通事故が発生してしまった際が、被害者の方から加害者の方へ交通事故慰謝料が請求されることもあります。自己の状況や怪我の事例によっても内容が異なる他、仕事を休業した場合の補償など、複数の項目が含まれた請求手続きとして進められます。

弁護士への相談を行うことによって、どのように対処すれば良いか的確な情報やアドバイスが取り入れられるだけでなく、スムーズな問題解決を目指すための手続きが実現されるようになります。相談業務を無料でしてもらえるなど、突然のことでお金を工面できない方にとっても便利なシステムになっています。

過去の事例をもとに算出する弁護士基準の交通事故慰謝料

交通事故慰謝料には、大きく分けると3つの基準があります。自賠責基準、次に任意保険基準、そして弁護士基準です。自賠責保険は加入が義務化されている強制保険のため、国が定めた基準に従って計算されます。

任意保険基準は加入する保険会社によって、計算方法が異なるのですが、一般的には自賠責保険より高い金額が提示されます。最後に弁護士基準は、過去の交通事故の事例を参考にして、交通事故慰謝料の計算を行います。

自賠責基準や任意保険と比べて、慰謝料額が大幅にアップする可能性が高いです。もらい事故などで自分に過失がほとんど無い場合など、弁護士への依頼料を含めても手元に残る金額が多くなることもあります。

債務整理の依頼先は弁護士と司法書士のどちらが良いか

債務整理手続きを行えば、借金の大幅減額と、返済プランの見直しを行うことができます。この手続きは債務者本人が行うことも可能ですが、法律事務所に依頼して行うのが一般的です。債務整理の主な依頼先は、司法書士事務所と弁護士事務所の2種類です。

どちらに依頼するのが適切なのでしょうか?借金の額が140万円以下である場合、依頼費用が比較的低額な司法書士に依頼するのが良いでしょう。ただし、債権者が友人・知人であったり、ヤミ金だったりする場合、債務整理するにあたってトラブルが発生する可能性が高いので、交渉力に優れた弁護士に依頼するのが安全です。

借金問題を解決させる任意整理や自己破産

借金の返済方法について悩みを抱える方において、任意整理の手続きが行われる場合もあります。借入先への交渉が進められることによって、返済額や借金の残高について見直しがなされ、借金問題を解決に繋げられるような手立てが行われます。

また、どうしても全額の返済が困難とされる場合には、裁判所への申請が進められる自己破産が適用されることもあります。借金額が帳消しとなる上、以降の返済についても義務がなくなるため、日常生活や将来設計の立て直しが目的とされるケースも多く、生活を営む上でもあまり支障が出ないとされています。

抱えている多重債務は自己破産で終わらせる

どうしても減らすことのできない状況になっていて、減額したいと思っている場合には、弁護士に相談して自己破産を検討してもいいでしょう。自己破産は、減額というより帳消しにする方法ですが、多重債務の返済がこれ以上できないと思っている場合、実施していくことが望ましいです。

金額が大幅に減らせるようになり、期待している状況に持っていけるなどの良さがあるため、破産も悪い選択にはなりません。ただ金額が少ない場合には、別の方法を提案されることが多くなっています。提案される内容をしっかり見ながら、最高の方法を知ってください。

遺産分割協議で失敗してしまった場合について

遺産相続をおこなうにあたっては、正当で公平な分与がおこなうことを目的とした法律があります。実際に遺産分割をする際においては、そのルールを守り行っていくこととなります。

遺産分与での話し合いの場を遺産分割協議といい、ここでの話し合いがしっかりと行われるにあたって、遺産の分与が実現します。しかしながら、なかには遺産分割協議で失敗してしまうこともあり、その結果トラブルに発展するケースもあります。トラブルの内容については、それぞれの協議で異なります。弁護士のサポートを受けることで回避できることもありますので、後悔しないためにも依頼を行うようにしましょう。

信頼できる弁護士。借金問題、離婚、交通事故。

借金問題、自己破産の勉強。自己破産、過払い請求、債務整理について。

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士