親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

財産分与による遺留分

亡くなられた方が、法定相続人以外の方に全財産を遺贈すると遺言書で残されていた場合、家族の元から相続されるはずの財産が全てなくならないよう一定の相続分を保証するという制度が規定されています。

財産分与がまだ行われていない場合は、遺留分を差し引いた額が遺贈額に、財産が遺贈されている場合は遺留分の返還を請求します。これは残された家族が住む家がなくなったり、生活ができなくなるといった事態に陥らないよう保証されている制度です。割合は父親が無くなり、配偶者と子供が2人いる場合、配偶者は4分の1、子は8分の1ずつとなります。

遺留分について相談をおこなう

弁護士への相談内容のなかに、遺言書での遺留分についてのことがあるそうです。具体的な相談の内容としては、受け取りの際の金額についてもありますが、そのこと以上に遺留分を放棄したいと申し出る人も多いようです。

遺産については法律的なことが複雑なこともありますので、そのような細かなことを相談する人も多いようです。ひとことで言えないのは、相続する遺産によって内容が異なります。遺産の相続を専門にしている弁護士などにヒアリングをおこなった上で、的確なアドバイスやサポートを得るようにしましょう。円満に解決がおこなえるといいですね。

遺留分減殺請求の対応方法

遺言書があることによって、法定相続人にあたる人以外の相続人が遺産の多くを相続してしまい、被相続人である子どもや配偶者が十分な遺産が相続できなかった場合には遺留分減殺請求をおこなうことで、法律で定められている割合の遺産相続が可能です。

この遺留分の請求に関しては、遺産の相続開始と相続内容が侵害されていると気が付いてから、一年の間有効になります。そして遺産の相続の開始から、十年の月日が経過してしまうことによって時効になってしまいます。法定相続人によっては見落としやすい項目になりますので、しっかりと対応をおこなうためにも、弁護士の相談などをするといいでしょう。

把握しているなら遺留分の計算も

遺言書では、計算していく部分は少ないとされていますが、遺留分の存在が影響しています。遺留分を払っていくことが、将来的にメリットとなる可能性も高くなっていますので、遺言書に書かれている内容を基にして、最低限の数字だけは分割して与えるようにする方法は有効となっています。

少しでも活用できる方法を模索していくことと、大きな方法を活用していけるようになるなら、それは良いことでしょう。分割できるタイミングなどを理解しながら、実際にできる方法を多く取り入れていくことで、もしかしたら分割がスムーズに終わる可能性も出ています。

遺留分を考えて遺言書を作成

遺言書作成と聞くと、なんだか大それているように思える人もいることでしょう。しかしながら、残された家族や親族にとって遺言書があるかないかで、結果が大きく左右されるケースも多いにありますので大切なポイントでしょう。

遺言書の作成の際については、遺留分や方式など法律などで決められた部分がありますので、注意して遺言書の作成をおこなうようにしましょう。遺言書の不安な場合においては、専門家や法律家などの人たちがしっかりとアドバイスしてくださいますので、アドバイスを聞きながら、遺言書の作成にあたっていきましょう。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士