親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

遺産分割協議は多くの人に任せて

多くの人がいる場合に、自分がわからない情報を多く持っている可能性もあるので、遺産分割協議を任せるようにします。個人では何もできないと思っても、誰かに対応してもらえば可能になるケースもありますから、しっかりと考えていくことが望ましいです。

実際に使われている方法などを見ても、遺産分割協議は知っている人に任せつつ、分からない人がついていくような形を取ります。わかっているからこそ、引っ張れるだけの力を持っているので、交渉を進められる力も出てきます。色々な情報を知っている人にお願いして、いい状態で解消していきましょう。

故人の遺産を相続するための遺産分割協議

人類においては家族を持つことで持続可能になっていますので、遺産を相続する事は必然的でありながら、当然であることがあげられます。そうしたなかで故人の遺産を相続することが法律によって、定められています。

この遺産を相続するにあたっては相続手続きの順番だったり、正当な相続分与だったりをおこなっていく必要があります。遺産分割協議においても、平等に遺産を分与していくために必要なこととなります。こうしたことを踏まえたうえで、それでも遺産相続のトラブルになってしまう事は止められないことになります。できる限り円満な遺産相続ができるといいですね。

遺産分割協議って一体なに?

遺産分割協議という言葉を知っていますか?実際に自分が相続人としての権利を持っていなければあまり聞くことがない単語だと思います。こちらは故人に遺言書がなかった場合に、誰が、どの財産を、どのように分与していくのかということを話し合うものです。

こちらは別に弁護士などは必要ありませんが、もし相続人の間でトラブルになってしまいそうだ、訴訟に発展してしまうそうだと思った時には始めから依頼しておいた方が無難でしょう。第三者として適切なアドバイスもしてくれます。また最後に協議書というものを作成しなければならないのですが、そちらも正しい嫌い方法を教えてくれます。

遺産分割協議ってやり直しできるの?

遺産分割協議の内容に納得がいかなくて、やりなおしを希望した場合にはその希望は果たして通るのでしょうか?結論からいうと基本的にやり直しは認められていません。なぜかというと協議書には最初参加していた人がみんな納得しましたよという意味を込めて印鑑を押すことが義務つけられています。

それに印鑑を押したというのは内容に同意したということです。それを自分の希望だけでやり直しするのは難しいです。やり直しが認められるのは相続人が実は他にもまだいて、その人が協議に参加していなかった場合です。相続人全員で行うことというのが大前提ですので、この場合は再協議が義務になります。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺産分割協議関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士