親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

死亡した場合の交通事故慰謝料の事例について

交通事故で被害者が亡くなってしまった場合、遺族に交通事故慰謝料が支払われます。慰謝料というのは、亡くなられた本人に対する慰謝料と、遺族に対する慰謝料に分かれています。

被害者本人に対する慰謝料は、事件の状況によって異なりますが、例えば飲酒運転での死亡事故では、通常の慰謝料よりも増額される事例があります。

遺族に対して支払う慰謝料の場合は、配偶者及び子どもの人数と、被害者が養っていた被扶養者の人数によって、金額も変動してきます。なお死亡慰謝料は、「被害者本人+遺族分」がまとめて遺族に支払わられることになります。

交通事故慰謝料や事例についての知識

交通事故慰謝料や後遺障害の事例について知りたい場合は、法律事務所にアドバイスしてもらうことをおすすめします。慰謝料が支払われるための手続きの方法は、一般の消費者では理解しづらいことがたくさんあるとされています。

そこで、豊富な専門意識を備えた弁護士や司法書士に相談することで、いざというときでも落ち着いて判断できるようになります。また、交通事故の事例に関しては、情報誌やインターネットなどでもわかりやすく紹介されています。さまざまな立場の方の体験談を参考にして、役立つ知識を身につけておくようにしましょう。

同じような事例でも交通事故慰謝料に差が出る

似たような事例でも、交通事故慰謝料に大きな差が出る場合があります。これは、交通事故慰謝料には複数の算出方法があるからです。強制保険となる自賠責基準の場合、総治療期間もしくは入院と実通院数に2倍をかけた数の、いずれか短い方に4200円をかけた数字が慰謝料となります。

任意保険の場合は各保険会社で定められた独自の基準に従って計算されますが、自賠責基準よりはやや高めとなるのが一般的です。弁護士に依頼した場合は、過去の事例を参考にして慰謝料額を決定するため、前述の基準よりも高くなる傾向にあります。提示された慰謝料額に不満がある場合には、弁護士へ相談してみましょう。

事例を見て判断する交通事故慰謝料

誰しも交通事故には遭いたくないものです。しかしどれだけ注意を払っていても巻き込まれてしまうことがあり、怪我を負ってしまう可能性はゼロではありません。そのような場合は弁護士などの専門家を頼って、過去の事例を調べてもらうことで交通事故慰謝料の相場が分かってきます。

他にも弁護士に介入してもらうことのメリットはあり、金銭トラブルに発展することなく話し合いをスムーズに進めてもらえますし、後遺症が残った際も適切な判断を下していただけます。弁護士事務所は無料で相談を受け付けているところも多いので、まずは試しに話を聞いてもらいましょう。

交通事故慰謝料相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.jikokaiketsu.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士