親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

遺留分のことをあまり考えずに書いていく

遺留分は、後から考えても大丈夫な部分となっていますので、最初のうちはそこまで考えていく必要はありません。むしろ、わかっている人が書いていくこともほぼありませんから、遺言書というのはそこまで難しい内容に変わっていることもありません。

遺留分を後から弁護士が教えてくれて、対応している人がその通りに分割してくれますので、遺言書の段階で書いていく必要はほぼありません。わからないから書かないというのもいいですが、一応教えてもらうなどして知っていることも重要でしょう。ただ記載する必要はありませんので、知らないなら知らないでいいです。

全員が納得して遺留分を受け取る

全員が納得するような形で、遺留分を受け取れるようにしておきます。遺言書に何も書かれていない場合でも、しっかりと確認していけば受け取れることもわかってきますから、金額的に余裕を持って分割できるかもしれません。

分割して、どんどん多くの人に渡せるようになっていけば、楽になっていくかもしれません。安心して行える方法を模索しつつ、トラブルにならない程度に分割を行ってください。遺留分の場合は、受け取れる人が何人いるか確認しておくだけで問題はありませんので、金額面は弁護士に相談するなどして対応してもらえます。

遺留分の分割を文章で確認する

分割することが決まった場合に、遺留分などの相談をしていけるような状況を作っていきたいものです。内容としても、遺留分はしっかり考えておきたいところですし、無理をしない程度に分割できる環境が必要となっています。

遺言書として残されている文章に、これらの内容は書かれていない傾向が多いので、他の文章で確認しておきましょう。分割する内容は、弁護士に相談しておく方法と、ネットにある方法である程度把握していく方法が用意されています。内容がしっかりとわかっているだけで、分割しやすい環境となり、ある程度は対応できます。

遺留分は絶対に守る事が出来る権利です

遺留分は、残された家族が最低限の生活をすることが出来るように保証された権利です。遺産分割をする時に、最低限の割合を必ず相続することが出来るように定められているので、たとえ遺言書が残されていても、この権利を侵害している場合は、無効にすることが出来ます。

遺言書の内容が愛人に全ての財産を相続するというような内容の場合は、遺留分を守られていないので、残された家族の生活が保障されませんので、権利を主張し再分配をすることが出来ます。このような場合には、弁護士に相談をすることで、解決することが出来ますので、相談してください。

遺留分、遺言書作成で知っておきたいこと

人生の最期に向けておこなう終活という言葉が、よく聞かれるようになりました。そして遺産相続手続きで家族に紛争が起きないよう、遺言書作成を考える人も増えています。遺言書は、確かに本人の意思であったことを証明するために、本人の自筆が規定されています。

ワープロなどを使用すれば、作成は楽です。しかしながら、本当に故人が作成したという証明が難しくなり、偽造もしやすくなります。また署名と捺印も必要です。遺言書を複数作成した場合も、最新のものが故人の最終的な意思と判断されるので、日付の記載も重要です。遺留分にも留意すべきでしょう。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士