親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

遺留分と遺言書の関係について

遺産相続において一番優先されるのは、遺言です。しかしない場合以外で遺言書よりも優先されるのが遺留分と呼ばれる制度です。どんなに納得がいかないような内容だったとしても、意見が通ることがないのですが、こちらだけは対抗することができるような制度になっているのです。

どういったことかと言いますと、例えば遺言書に「○○に全ての財産を譲る」と記載があり、○○にあたる人が親族でもなんでもない人だった場合に適用されます。ただしこちらの制度を使用できるのは親族の中でもここまでの人というのがはっきり決まっており、それに該当しない人は使用することができません。

遺留分を有効活用しよう

分割してもらえる金額の1つとなっていますから、遺留分をしっかりと活用して、得られる金額で色々なことに挑戦していくといいでしょう。金額を増やすことがかなり難しい中、遺言書の内容などによって考えていく方法はあります。

書かれている内容から、自分が得られる金額を想定して、最終的に得られる遺留分だけでも、うまく活用するのです。得られる金額は結構変わっていく可能性も持っていますが、様々な考え方を行っていれば、それなりに安心して使えることもわかってきます。分割の方法なども踏まえて、しっかりと考えていきましょう。

絶対に守る事が出来る権利が遺留分です

遺留分は、残された家族が必要最低限の生活を送る事が出来るように、遺産相続を行う場合には、一定額を相続することが出来る権利です。この権利は、続柄によって割合が異なり、配偶者の割合が一番高くなっています。

遺産分割は基本的には、故人の意思を尊重し分割していくので、遺言書がある場合には、その内容に従い遺産分割を行いますが、遺留分を侵害している場合は、無効にして再度遺産分割を行う事が出来ます。遺産分割を行う場合は、弁護士などに相談をして、手続き方法などをアドバイスもらうようにしてください。この権利は必ず守られる権利です。

遺留分の数字は遺言書に書かれない

遺留分で、どれくらいの金額を分けておけば良いのか、これは書かれることがありません。書いてもわからないとか、金額がそこまで残されているか、将来的にわからないからです。金額を書かないようにして、それ以外の方針について書いておくのが遺言書です。

特に内容として書く必要が無いものと判断しておけば、スッキリした内容に仕上げられるでしょう。結構複雑に書いている人も多くなっていますが、書いている人が間違った方針を取っていると判断しない限り、遺留分は考える必要もありません。金額は後から計算しておけば問題ありません。

遺留分に注意して遺言書を作成する

最近では世代や実力者に限らず、さまざまな人が遺言書の作成をおこなうようです。移り変わる時代のなかで、生活のスタイルがそれぞれ多様化されてきていますので、引き続き対応するために、遺言書を作成する人は増えているようです。

そうしたなかで情報が、不十分なままに遺言書の作成をおこなってしましいますと、内容が誤ってしまったり、遺留分に配慮されていなかったり、抜けてしまうようなこともあるようです。そうしたことを防ぐためにも専門家や法律家のサポートを受けながら、遺言書の作成をおこなっていってほうが良いでしょう。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士