親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

遺留分は侵すことのできない権利です

遺産相続が発生した場合には、遺言書が確認出来る場合には、その内容に従い遺産を分割していきます。基本的には故人の方の自由意思で遺産を相続させることが出来ますが、愛人など特定の人物に全ての財産を相続させるという偏った内容の場合は、遺留分を侵害しているので遺言書を無効にすることが出来ます。

遺留分は、残された家族が最低限の生活をすることが出来るように保障されている権利で、この権利を侵害していると、相手に請求することが出来ます。請求をする場合には、弁護士に相談をするようにしてください。相手方に交渉をしてくれます。

遺留分に注意をして遺言書を書いてください

遺産が少しでもある場合には、遺言書を作成し残された家族が遺産のことでもめないようにする必要があります。遺産を誰に相続させるのかは、自由に決めることが出来ます。決めた内容によって、誰が遺産を相続していくのかを決めていきます。

しかし残された家族が生活をすることが出来るように遺留分という権利があります。この権利は、故人との続柄によって割合が変わりますし、この権利を侵害している場合には、どのような内容の遺言書でも無効にすることが出来ます。せっかく作成をしても、無効になってしまっては意味がないので、注意をしながら書くようにしてください。

遺言書に対抗できる手段遺留分

基本的に遺産相続において一番優先されるのは遺言書なのですが、唯一それに対抗できる手段が遺留分と呼ばれる制度です。もし自分が一生懸命介護してきた旦那様が残した遺言に、「愛人の○○に全ての財産を譲りたい」と記載があったらどう思われますか?

「えっ?」と思うのではないでしょうか?納得できないですよね?通常でしたらこちらが最優先されるのでそのまま記載の通りに相続が進んでいくのですが、遺留分減殺請求をすることで、自分がもらえるはずの分の遺産を請求することができます。こちらができるのが故人の配偶者だけでなく、両親、子供もできます。

遺留分を無視した遺言書はトラブルの元

遺言書は自分の死後、残された遺族に自分の意向を伝えられる有効な手段ですが、注意しておかなければいけない点があります。例えば資産も多く、複数の相続人がいる場合、ある相続人だけに過剰な遺産があると相続人同士の紛争問題になる可能性が大きくなるため気をつけなければいけません。

また全ての相続人には最低限の法的に保証されている相続割合があり、それが不足している場合、遺留分減額請求という手続きによって相続人の間でトラブルに発展してしまう可能性もあります。遺言書の働きは、自分の思いを伝えられる手段の他、相続間の紛争問題を回避できるという大きな役割があります。

遺留分を請求できる相続権利のある人

遺留分というのは、遺言書に対抗できる手段としては唯一です。基本的には故人の意志が一番書かれているのでそうぞくについては何よりも優先されるのですが、その内容があまりにも相続権利を持っている人たちから離れている人に全ての相続が行ってしまうようだと問題であるという面から法律で決められていることになります。

本来相続する権利のある人が、遺産を全て相続した人に対して自分の配分分を請求することを遺留分減殺請求と言います。この請求ができる人というのは初めから決まっており、故人の親、子供、配偶者だけです。兄弟姉妹は請求することができません。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士