親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

遺留分と遺言書と親族

遺言書が残っていた場合残された人はそれに従うのが一般的なのですが、どうしても納得がいかない、それに従うのは嫌だという場合にある一定の親族の人だけは遺留分をいう制度を使用することができます。

こちらが使用できるのは、個人の両親・配偶者・子供にあたる人だけで個人の兄弟姉妹にあたる人は使用することができない制度ですので気を付けてください。どういった場合に使用されるのかといいますと、例えば遺産を全て愛人に譲るという記載があった場合親族としては簡単にはそれを受け入れることができませんよね?そういったしこりをなくすための制度でもあります。

遺留分を食い止める手続きについて

自分が亡くなった後、残された相続人が遺産をうけとりますが、相続に関する相談の中には、実の子であったとしても遺産を相続させたくないといったケースもあります 。

例えば、これまで暴力行為などのトラブルが度々おこっていたり、多額の借金をつくり、親に負担ばかりをかけていたなど、実の子であっても相続させたくないという気持ちが大きければ、その旨を法的な形で手続きをしなければいけません。遺言書に記した程度では、その子供は遺留分として他の相続人に対し請求することできてしまうため、自分の意向を伝えるのは難しいようです。まずは家庭裁判所へ相続人排除の申し立てをおこなうことが大切です。

遺留分の注意点について

遺産相続に関しては、一般的には配偶者や子どもが相続人になるケースが多いでしょう。万が一、故人がなんかの理由で、相続者に遺産相続をおこないたくない時や、多くを渡すのを懸念している際には、その内容が遺言書に記載されるルールになっています。

しかしながら、相続人が全く遺産の受け取りができないような際には、最低限となる財産保証ができる遺留分の制度も法律であります。法定相続人に関しては、遺留分減殺請求をおこなうことで定められている遺産を受け取ることが可能です。被相続人においては、このことに関して留意して遺言書の作成をおこないましょう。

遺留分が認められないケース

遺留分については細かな内容が定められていて、その内容としては法定相続人にあたる人が最低限の遺産を得られるようにしている制度になります。遺言書がある場合に、法定相続人にあたる人が遺産の侵害がおこなわれていた時に、遺留分減殺請求を実施することが可能です。

しかしながら、遺産の相続の順位が一番遠いとされる兄弟姉妹の場合においては、この権利は該当しませんので、注意が必要となります。この制度を知らず兄弟が訴訟を起こすようなケースもあるようです。遺産の相続は複雑ですので、法律家や専門家のサポートを得たいですね。

遺留分ってどういう時に使えるの?

遺留分なんて通常の生活をしていたら聞くことがない単語です。ではどういった時に適用されるのでしょうか?一番わかりやすい例から見ていくとすると、故人の遺書に「自分の財産は全て隠し子のAに譲る」とあったとします。

しかし基本的に認知されていない子供には相続権がありません。遺言書に書かれているだけで相続権利を持っている人を差し置いて全ての相続を受けるなんて・・・といった時にこそこういった制度の出番なのです。故人の両親やお子さんは法律で決められている金額を、相続した人に対して請求することができます。相続してから1年以内が有効期間になります。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士