親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

事例がわからない場合は交通事故慰謝料を判断できない

多くの異例によって、判断される内容が多くなっているならいいことですが、事例がわからない状況となっている場合、判断できる材料が少なくなってしまうので、思っていた以上に苦労します。

問題となっている部分が生まれる可能性もあるので、交通事故慰謝料を判断できる情報はとにかく多くなっていることが重要になります。情報量が不足している問題については、とにかく色々な人が取り組むようにして、問題にならないように調整していく必要があるでしょう。問題が起きてしまった以上、交通事故慰謝料は満足できる金額にならないのです。

交通事故慰謝料は事例を調べることで変動する

裁判所での訴訟は、過去に裁判で結論が出された判例をもとに判決が出されているものも多くあります。さまざまな角度から、似たような主文や理由を参照することで、訴訟案件で主張する内容に関して説得力を増すことが可能になります。

こうしたことから、交通事故慰謝料を請求する場合にも、事例を調べることで、どんな理由でどのくらいの額が妥当という交渉の基準にできるのです。この事例や判例は、弁護士でなく一般人も調べられます。判例が掲載されている本や専用のホームページで探すことができるので、交通事故慰謝料の相場を知りたいといった場合にも役に立つでしょう。

交通事故慰謝料を請求できる事例

交通事故慰謝料の請求は、交通事故弁護士に相談することがベストです。請求できる事例、できない事例は、弁護士にその都度聞くことが大切です。というのも、法律は生き物のように改正を重ねていくからです。

保険会社は、加入している保険の内容に基づき手続きを進めるだけです。やってくれることなど多くなく、ケースによってはがっかりすることもあります。そのような時に弁護士に相談します。依頼人一人ひとりに合わせたオーダーメードの依頼に応えてくれます。人に言いにくい内容もあるかもしれませんが、秘密は守られますので、安心して相談できます。

事例によって異なる交通事故慰謝料の金額

交通事故慰謝料は、事故による不公平な判定などを低減させるために、算定基準が設定されています。それが傷害慰謝料と後遺障害慰謝料の2種類です。傷害慰謝料というのは、事故に遭って怪我をしてしまい、入院や通院をしたことで支払われる慰謝料のことをいいます。

一方後遺障害慰謝料は、怪我の治療が終わっても回復されない症状があり、後遺障害として認定されたときに請求可能な慰謝料のことです。それぞれの事例には、自賠責保険基準と任意保険基準、弁護士基準という3つの基準が設定されています。弁護士基準の慰謝料が、最も高額とされています。

交通事故慰謝料相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.jikokaiketsu.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士