親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

遺産分割協議は全員参加が必須です

故人の方に遺産がある場合は、遺言書の内容に従い遺産分割をしていきますが、遺言書の存在が確認出来ない場合には、遺産分割協議を行います。これは、相続人全員が参加をし、誰がどの遺産を相続するのかを決めていく会議です。

全員が必須で一人でも欠席の場合には、無効となってしまいます。全員が参加した上で、協議を行い全員が同意した場合には、遺産分割協議書を作成し、全員がサインをして保管をしておくことで、後から相続トラブルに発展することを抑えることが出来ます。分割協議書を作成した場合には、弁護士にチェックしてもらい抜けが無いか確認しておくとより有効な物にすることが出来ます。

相続人同士で行う事となる遺産分割協議

故人が亡くなってから、おこなうことの一つに遺産分割協議があります。この遺産分割協議については、相続人にあたる人同士で遺産の分与を話し合う機会になります。相続人の制定から、相続の内容の確定、相続の分与と進みますので、思っていた以上に時間がかかってしまうようなケースもあることでしょう。

相続の内容については被相続人によって異なり、トラブルになるかどうかもあらかじめ予測する事は、おおよその予測になってしまいます。うまく割り切れないような遺産があるのであれば、弁護士に依頼することで介入し、スムーズな遺産相続をおこなってくださることでしょう。

円滑に行いたい遺産分割協議

遺産相続については、おそらく多くの人が関わったことがあるかも知れません。しかしながら、後々こうしておけば良かったなどと、後悔をしているような人もいるかも知れません。

故人が残した遺産についてはお金などの財産になりますので、こうしたことがきっかけでトラブルとなり、相続人同士でもめてしまうようなケースも多くあるようです。

できる限りトラブルに発展することなく、遺産分割協議を円滑におこなって行きたいのであれば、遺産相続を専門にしている弁護士に依頼をおこなうことで、スムーズな遺産相続が実現することでしょう。

遺産の分与を行う遺産分割協議

さまざまな人が経験することの一つに、遺産相続があるかと思います。遺産の相続の内容については、故人によってさまざまになってきます。故人が残した遺言書がなければ、遺産分割協議の場において遺産の分与をおこなっていくこととなります。

遺産分割協議については公平におこなわれ、遺産の内容や相続人をあげるところからはじまりますので、思っていた以上に時間がかかるようなケースもあることでしょう。期限を逃したり、時間を短縮する事はもちろんのこと、トラブル発生率を下げる意味でも、遺産分割を専門とする弁護士に依頼をおこなうようにしましょう。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺産分割協議関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士