親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

交通事故の慰謝料や示談金は弁護士に相談

離婚や交通事故などの際に支払われる慰謝料や示談金ですが、これらの違いについて知っていますか。似ている様ですが相違点はあります。

交通事故慰謝料は法的に金額が決定されるのに対し、示談金は自分達で話をして金額を決定する事になります。

しかし、離婚や交通事故などにおいて被害者は多く請求したいと考える場合が多く、加害者は支払い額を少なくしたいと考える場合が多い様ですので、話がまとまらない事もあります。

その場合には、すぐさま交通事故弁護士に相談して、無事に話が決着する様にしたいですね。交通事故弁護士に相談すると、分からない事があれば自由に質問する事ができます。本人が納得して、効率的に解決できそうですね。

交通事故慰謝料は過去の事例を知ると便利

自動車や自転車との接触を完全に回避するというのは難しいです。いつ交通事故に遭遇するのかわからないので常に注意する必要がありますが、交通事故に遭ってしまった場合さまざまな対処が必要になってきます。

特に被害者と加害者の間でトラブルに発展しやすいことがお金の問題で、交通事故慰謝料を双方が納得できる金額にしないといけません。そのときに役立つことが過去の事例で、慰謝料の平均値などを知ることができます。そのように決めることで被害者も加害者も納得できることが多いのです。また、あらかじめ弁護士に依頼をすることで穏便に事をすすめられます。

事例によって請求できる交通事故慰謝料

交通事故の被害に巻き込まれてしまった場合、怪我の程度や事故の状況などによっては、加害者に対して慰謝料の請求が行えます。交通事故慰謝料の発生は事故の事例によっても異なり、的確な判断や情報が必要とされる場面もあります。

どのような対処を行えば良いか迷いがちな交通事故の問題は、弁護士への相談が有効的に活用できることも多いものです。的確なアドバイスが受けられるようになる他、弁護士基準としての慰謝料請求が進められるようになるため、個人的に対処する場合よりも多い金額での支払いが受けられることもあるなど、メリットが挙げられます。

交通事故慰謝料を請求するには事例を知る

交通事故に遭って慰謝料を請求する、この場合、加害者側が加入している保険会社の提示してきた金額を受け取る方法もありますが、それに疑問を持ったならば、弁護士に依頼するのが得策です。そうすることで、被害者側が納得できる額の交通事故慰謝料をもらうことができるかもしれません。

交通事故は場所や場面によってさまざまな形で起こりえるため同じものはありませんが、似たような事故という面では、過去の事例を参考にすることができます。弁護士を雇い過去の事例を調査、提示することで、今回も同内容で請求可能であると主張ができ、増額を見込むことができるのです。

交通事故慰謝料相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.jikokaiketsu.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士