親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

交通事故の慰謝料は弁護士を通して相談

なるべく避ける様に普段から注意すべきだと思いますが、交通事故に巻き込まれてしまった場合には、相手の人と話をしないといけない事も多いかと思います。

怪我の有無の確認や慰謝料の話など難しそうな話をして、お互いが納得し解決するのは常に容易だとは言い切れないでしょう。

時には顔を合わせるのが辛い状態になる事もあると思います。そうなってしまったのであれば交通事故弁護士に相談して、専門家同士で話を進めてもらうと、話を前に進めやすいでしょう。弁護士に相談するのであれば、話はしやすいかもしれませんね。

すでに発生してしまった交通事故についてはどうする事もできないので、慰謝料は自分や相手にとって最善の解決を目指しましょう。

交通事故の慰謝料を弁護士に相談

弁護士というのは、交通事故の問題も相談できる専門家として知られている事でしょう。

しかし、実際には交通事故弁護士の他にも交通事故を相談できる専門家がいます。それは司法書士です。司法書士は交通事故の慰謝料や示談金の金額があまりにも高い場合には、相談する事ができません。

ですので、比較的小さい交通事故など状況によります。それを超えてしまうと必然的な弁護士に相談する事になるでしょう。

しかし、死亡した場合を除いて、怪我をした時に自賠責保険で補償してくれる金額の上交通事故限というのは120万円までですので、その範囲であれば、司法書士にお願いする事も可能かと思います。この金額を参考にしてはどうでしょう。

事故にはお金に纏わるトラブルや医療に関する問題が発生しやすい。そんな事故はプロに任せたい。

交通事故慰謝料は弁護士基準を参考にする

誰しも交通事故に遭う可能性はありますので、トラブルに発展しないためにも専門家などの存在を知っておいた方が良いでしょう。交通事故慰謝料を請求されたときも弁護士などの専門家がいれば適正な金額を提示してくれますし、後遺障害が残ってしまったときも弁護士基準の金額になりますので安心して取引を進めることができます。

特に慰謝料の金額は被害者の身体状況によって大きく左右され、素人だけで話を進めていくのはよくありません。弁護士事務所などでは無料で相談を行っている機関もありますので、信頼できる法律事務所を探しておきましょう。

弁護士基準での交通事故慰謝料を受け取る

交通事故が起きた際に、万が一怪我を負ってしまった場合には被害や治療費のほかにも、会社を休んだ分の費用や通院費などさまざまな費用が課されることとなります。そうしたなかでも、後遺障害などがおこってしまった場合には、プラスアルファで交通事故慰謝料を請求する必要が出てくることでしょう。

特に交通事故慰謝料の場合においては、それぞれの基準が複数あり、そのなかでも一番高い基準である弁護士基準での慰謝料を受け取りたいと思う人は多いことでしょう。実現するためには、加害者側の保険会社との交渉が必要となってきますので、しっかりと望むようにしましょう。

交通事故慰謝料相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.jikokaiketsu.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士