親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

相続に関わる遺留分に関して

故人が生前に遺言書を残していたことによって、遺産相続はスムーズに進むようなイメージがあるかと思います。しかしながら、内容が不十分であったり、故人が遺留分を十分に考慮している内容な場合においては、遺言書の内容は無効になってしまい法律で定められている割合になってしまいます。

適応される法定相続人においては、この遺留分が侵害されている場合においては、請求を起こすことが可能になっていますので、そうなった場合には遺産相続を得意にしている弁護士に依頼をおこなうことで、請求をスムーズに進めていくことが出来るでしょう。

遺言書の際に気をつけたい遺留分

最近では遺言書について書かれている本や、遺言書の作成キットなどが幅広く取り扱われていますので、気軽に遺言書の作成ができるようになっていることでしょう。しかしながら、その反面遺言書の作成が不十分であったが故に、無効になるようなケースも少なくないようです。

特に遺留分に関しては、相続人同士で揉めてしまう部分でもありますので、遺言書を作成する際においては、遺留分をしっかりと把握しながら作成していくことが求められています。万が一、遺言書の作成にあたり、不安があるようであれば少なくても専門家に相談をおこなうことをお勧めします。

特定の人ばかりに相続されない為の遺留分

遺言書の内容と聞くと、絶対的な内容にも思えてしまうかも知れません。亡くなった故人の意思が記載されていますので、最大限の配慮は必要になることでしょう。しかしながら、時には不公平な内容もあり、特定の人だけが遺産を受け取れるような遺言書の内容もあります。

その際に遺留分の内容がきちんと守られていないようであれば、法廷相続人は、法廷に請求を出すことができますので、それによって正当な遺産の財産を受け取ることが可能になります。知らないとそのままになってしまいますので、その点に注意して遺言書を確認するようにしましょう。

遺留分は影響を及ぼす

遺産分割を行っていく際には、遺留分が大きな影響をおよぼす場合もあります。当然多くのお金を分割することとなりますが、分割する金額でも、最低限の分割を遺留分が行っていますので、それ以外の部分について考える必要があるからです。

色々な問題が生じる可能性もあるので、とにかく最低限の分割だけはしっかり行うようにして、問題が起こらないようにしておきましょう。そして分割がしっかりできるようにしてから、遺産の分割を最大限に行っていく方法を取りましょう。色々な方法を考えていくのもいいですが、まずは成功させるために必要なことを行います。

遺言書作成は遺留分を理解してこそ

遺留分は、遺言書作成を行う段階で渡すかどうか検討することとなります。弁護士に相談しておくと、遺言書に掲載すべき内容について提案してくれるのですが、遺留分を渡さないようにする遺言書の作成についても提案されます。全員に平等に分割していくのか、それとも遺言書に従って遺産を分割していくのが望ましいのか、気持ちの整理を行っておくのです。

気持ちが決まった段階で、遺言書に作成する内容を弁護士と決めておきます。知識を持っている人に相談しているだけで、遺言書作成のペースは早くなり、理想的な内容で記述する方針も決められます。

遺言書作成時には気をつけたい遺留分

最近では終活などの言葉も流行し、遺言書の作成などを積極的に行うような人も増えているようです。そうした際に注意したいのが遺言書作成です。弁護士などの法律家や専門家のサポートがある際には良いのですが、自分だけで遺言書の作成をおこなってしまいますと、遺留分や内容などに不備があるようなケースがあります。

そのような事態が発生してしまいますと、せっかく書いた遺言書も無効になってしまいます。遺言書を作成する際には注意が必要になるでしょう。不安があれば、専門家や法律家に作成したものをチェックしてもらいましょう。

遺言書作成と遺留分は関係が強い

遺言書に書かれている内容は、絶対的な強さを持っています。遺留分を受け取れる人に該当していたとしても、遺言書に書かれている内容で1人に遺産を渡すと書かれていた場合は、遺留分を受け取ることもできません。

遺言書の内容は最大の強さを持っていて、もし遺言書作成が実施されていなかった場合には、分割を平等にしてくれる方針に沿って遺産を分けているのです。遺言書が残されている場合には、遺産についての内容をしっかり確認したいところです。遺言書作成の段階で記載されている内容が、多くの人の運命を分けることになる決断となります。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺留分関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士