親身になってもらえる弁護士への相談!大阪

交通事故について

遺産分割協議

遺留分

弁護士への相談内容

過払い請求

弁護士について

ライトを付けて交通事故軽減

自動車を運転していて夜になると辺りが暗くなりますので、当然視界が悪くなります。

そうなると道を歩いている歩行者になかなか気が付かないという事も考えられ、交通事故の危険性が出てきます。

夜だけではなく昼間でも、天候が優れない時にはかなり暗く感じられる事もあります。

その場合には、ライトを付けて交通事故軽減に努めたいですね。夕方など少し暗くなってきたかな?と感じた場合には点灯しておくといいでしょう。

自分が加害者となってしまいますので、十分に注意しないといけませんね。
自動車を運転するドライバーにとって油断は禁物です。

常にいろんなケースを想定して運転したいですね。

交通事故弁護士に着手金を不要で慰謝料相談

もしも交通事故を起こしてしまうと、時にはかなりのお金がかかる事もあるでしょう。そこに交通事故慰謝料相談を行うと更に交通事故弁護士への報酬なども別途必要になってきます。相談者にとってはかなり痛い出費になってしまう事もあるでしょう。

交通事故弁護士の中にはその様な相談者の事を配慮して、着手金を不要で慰謝料相談に応じてくれたり、もしくは最初だけ無料相談を行ってくれたりする事もある様ですね。やはり、お金がかかるという事を言い分けに交通事故の解決を諦めるのはイヤですね。

請求する慰謝料が少なすぎる場合には、もしかするともっと高額の交通事故慰謝料を請求する事ができる様になるかもしれません。いろんな事を考えて決めたいですね。

弁護士基準の交通事故慰謝料は過去の事例をもとに決定される

交通事故慰謝料は、双方の過失度合いや怪我の程度で変動します。金額を決定する基準は、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準と、大きく分けると3つに分かれます。

その中でも弁護士基準は、過去の事例を参考に請求額を計算し、他の2つの基準よりも最終請求額が高額になることが多いです。

交通事故が原因で後遺症が残ってしまった場合にはその分も上乗せされます。任意保険には弁護士特約という一定額までは弁護士への依頼料を負担してくれるサービスがあります。自分が遭遇した交通事故慰謝料が弁護士基準で増額するのか知りたいという方は、こちらを上手く活用するとよいでしょう。

交通事故慰謝料に多い事例

交通事故の慰謝料に多い事例については、なんといっても交通事故慰謝料の引き上げでしょう。人によってはそう簡単に交通事故慰謝料を引き上げられると思っていないことでしょう。

しかし、交通事故においては専門的な要素がたくさんあって、それらを熟知している交通事故弁護士なら、慰謝料を引き上げることも十分可能なことがいわれています。自分だけで交通事故の交渉をおこなうことも、もちろん大切なのですが、少しでも交通事故の慰謝料を引き上げたいと思っているのであれば、交通事故を専門にしている弁護士に依頼することで実現が可能になることでしょう。

交通事故慰謝料相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.jikokaiketsu.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料 交通事故慰謝料の事例 交通事故弁護士 遺産分割協議 遺留分 離婚 過払い 弁護士